一人暮らしの方が成功するウォーターサーバー選びのポイント

waterserver-singlelife
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

欲しいんだけど悩む…

そもそも一人暮らしのワタシにあうウォーターサーバーって?

 

一人暮らしの方がウォーターサーバーを設置すると色んなメリットがあるんです。

それに、自分にあったウォーターサーバーを失敗せずに選びたいですよね。

 

数年後には15%程度まで普及率があがると見込まれてるウォーターサーバーは、ご家庭に1台あることがもうめずらしくありません。

それと同時に一人暮らしの方の申込数も同じく伸びています。

 

お水を飲んで気軽に健康を維持したいけど、水道水への不安がありお水に対し高い意識を持っている方。

忙しい日々を過ごし、ウォーターサーバーの機能で時間の短縮を行いたいなどと必要性を感じている方。

そんな一人暮らしの方からのお申し込みがあります。

 

今回は、一人暮らしの方にとってウォーターサーバーは必要なのか、またどんなポイントを気にして選べば良いのかをご紹介いたします。

 

 1. 一人暮らしに最適なウォーターサーバーを選ぶ際の3つの重要ポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際に気をつけたい重要なポイントを3つあげていきます。

 

1-1. ウォーターサーバーの設置スペースを確認しておく

ウォーターサーバーは大小様々なデザインのものがあります。

そこで気にしなくてはならないのが申込み前に自宅のどこのスペースに、どのサイズのものを設置したいかを確認することです。

 

デザインだけを見てウォーターサーバーを購入したあとに、いざ設置しようとしたら、スペースが無くて置きたい場所に置けないなどの問題が発生したりします。

そうならないようにするためには、購入前に設置したい場所とスペースを把握しておき、商品サイズをきちんと知って置くことが大事になります。

 

またメーカーによって、ロングタイプとショートタイプが存在します。

long-short-type

 

床に直接置くならばロングタイプ、キッチンスペースなどの何かの上に置くならショートタイプなど、ウォーターサーバーをどのように使うかのシチュエーションを想定しておくことも大切です。

 

1-2. お水の種類と成分を知っておく

ウォーターサーバーのお水は大きく分けて2種類のお水が存在します「RO水」と「天然水」です。

ro-tennensui-01

 

RO水は「ボトルウォーター」や「ピュアウォーター」とも呼ばれ、水道水や川で流れているお水などをROフィルターを通してろ過したお水の事をいいます。

 

ROフィルターでろ過するとお水の成分もろ過されるので、純水に近いお水となります。

RO水は「きれいな水」ですが、限りなく純水に近いので、湯冷ましのような決して味がおいしいとはいえません。

そこで人工的にミネラル分を添加して販売しているメーカーが多いようです。

 

もう一つの天然水は山や湧き水など特定水源より採水された地下水のことをいいます。

天然水も安全のため、ろ過や加熱殺菌等を行いますが、お水の中に含めれている成分は残ったままとなります。

 

お水の採水地は、体に良い成分が含まれている水質の良い地域をメーカーごとに厳選しています。

また、自然によって何百年もかけてろ過された水なので、もともと「きれいな水」といえます。

 

味にはこだわらず、徹底的に不純物を取り除いたものがいいという方は「RO水」を。

添加物ではなく天然のミネラル成分を含んだお水が飲みたいという方は「天然水」をオススメします。

 

ちなみに最近の新規申し込みのニーズは「天然水」が主流のようです。

 

また天然水の場合、採水地によって含まれている成分が違います。

健康を気にする方であれば、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウムの4大ミネラル成分がバランス良く含まれているものを。

美容に対して気にするのであれば、シリカという成分が入っているものを選んでみるなど、気にしてみるといいでしょう。

 

1-3. 申込み時の費用と毎月いくらかかるのかを知っておく

ウォーターサーバーを購入する際にお水代金だけでなく様々な費用がかかる場合があります。

 

メーカーによって異なりますが、お水代金以外に「初期費用」、「サーバーレンタル料」「メンテナンス料」「配送料」などがかかります。

実際に毎月いくらかかるのか事前にサービス内容をよく読み、知っておくことが大切です。

 

お水代に関してもお水の種類や1回にお届けする量によって金額が異なるので注意が必要です。

また毎月かかる費用として電気代も気にしておくといいでしょう。

参考までに一人暮らしの場合、月にかかる費用を項目ごとに記載してみました。

お水代 (RO水)

2,500円〜3,500円/月 程度

お水代 (天然水)

3,500円〜4,500円/月 程度

サーバーレンタル料

無料〜1,000円/月 程度

メンテナンス料

無料〜5,000円/年 程度

配送料

無料(地域によって発生する場合有)

電気代

300円〜1200円/月程度

※一人暮らしの平均使用量20〜24L/月より算出した金額

 

2. 一人暮らしの方がウォーターサーバーを使うメリット

ウォーターサーバーがある生活になると、日々どんなプラスがあるのかご紹介いたします。

 

2-1. お水の成分がもたらす健康維持

特にお仕事が忙しい方や、食生活が偏りがちな方など、毎日の健康状態に対して多少なりとも不安を感じられる方が多いかと思います。

 

ウォーターサーバーのお水にはピュアウォーター(成分なし)を除き、4大ミネラル成分の他に様々な希少ミネラルが含まれています。

 

1日に最低限摂取すべき4大ミネラルが足りていないと感じる方、この希少ミネラルを特に摂取したいなと思う方にとって、お水を毎日飲むことで健康に対する不安要素を緩和し、健康を維持する手助けとなります。

 

ちなみに食事以外でウォーターサーバーから補給すべき1日の水分摂取量の目安は、男女によっても異なりますが、約1.5L以上となります。

 

2-2. 毎日の飲料や料理が美味しく、さらに時短に

ウォーターサーバーの共通機能の1つとして、温水と冷水がいつでも出せる機能があります。

 

この機能は非常に便利です。

 

例えば、コーヒーやスープなど温水機能を利用して作れるので、お湯を湧かす手間が省けます。

料理を作る際に最初から温水を使うことで調理時間の短縮になったりもします。

 

また、ほとんどのメーカーのお水が軟水なので料理との相性がよく、素材の味をとても良く引き出してくれます。

特に日本食やお米を炊くのに最適で、美味しいだしも簡単に作れます。

 

「水道水で作った場合と比較すると格段に味が違う」というご利用者からの感想も多く、お家で作ったコーヒーや紅茶を水筒に入れてオフィスに持っていくなどのご利用方法も意外と多いようです。

 

2-3. サーバーのデザインが住まいを演出

最近のウォーターサーバーは各メーカーから多彩なデザイン、高機能なものが発売されています。

デザインに関して言えば有名ブランドとコラボをしているものや、グッドデザイン賞を受賞したもの、キャラクターがデザインされたものなどもあります。

 

カラーやサイズがえらべますので、インテリアの一部として選べるのもウォーターサーバーの特徴の一つです。

 

毎日部屋にあるものですから、ご自身のお部屋にあったデザインをきちんと選び、ワンランク上の素敵な居住空間を演出してみてはいかがでしょうか。

友人や恋人が部屋にきた際にウォーターサーバーがあることを羨ましがられますよ。

 

3. 契約の流れと注意点

実際にご注文されてからご自宅にウォーターサーバーが届くまでの流れと、注文(契約)する際の注意点をここで確認しておきましょう。

 

3-1. 契約から商品到着までのカンタンな流れ

【STEP1】お申込み

各メーカーのサイトにある専用申込フォームまたは、お電話でお申込みを行います。

 

Webやスマホでお申込みする場合、フォームの項目通りに入力していくだけなので5分程度で完了いたします。

お支払い方法は、クレジットカードや代引き払い・後払いなど、メーカーによって違うので事前に確認しておくと便利です。

 

またほとんどのメーカーは、お水が定期配送ですので、お水の配送周期やお届け本数などをお申込み時に決めていきます。

 

    ▼

 

【STEP2】ウォーターサーバーとお水をお届け

指定した日時にウォーターサーバーとお水が届けられます。

 

メーカーによって異なりますが1週間〜10日程度で到着します。

最短でお申込みから2日で到着するメーカーもあるようです。

 

一人暮らしだからこそ気にしたいのは届いた後の設置についてです。

指定の場所まで設置を行ってくれるメーカーや玄関まで届けた後は説明書を読みながらご自身で設置を行うメーカー、または有料で設置を行ってくれるメーカーがあります。

 

    ▼

 

【STEP3】定期配送のご利用開始

お申込み時に指定した周期と本数でお水が配送されます。

 

ほとんどのメーカーがwebまたはお電話で注文時に指定した配送周期やお届け本数についての変更や、追加注文などがおこなえます。

お客様専用アプリで手続きができるメーカーもございます。

 

一人暮らしをしているとよくあるのが注文したお水がまだ余っているのに、次の定期配送でお水が届いてしまうことです。

こちらは各メーカーともwebまたはお電話で次回配送の停止(休止)が行えます。

 

ただしメーカーによっては下記で説明するとおり、停止する期間によって別途料金がかかるメーカーもあります。

注文の前に確認をしておくのがいいでしょう。

 

3-2. 契約時に確認しておくべき3つのポイント

注文ノルマがあるか確認する

ウォーターサーバーには下記どちらかの注文ノルマを設けているメーカーが存在します。

 

  • 配送時の最低注文本数を設けているか確認する

こちらのノルマは例えば1本だけ注文したい場合でも、最低注文本数が2本以上でのノルマを設けている場合、必ず2本以上で注文しなければいけません。

3本注文したい場合は、2本セット×2つとなるので4本注文することが必要となります。

 

ちなみに1本単位で注文できるメーカーは少なく、セットでの注文を行うメーカーが多いようです。

 

【月間注文ノルマ】

 

毎月必ず何本以上の注文が必要というノルマです。

先月分のお水が残っていても、月に最低何本以上注文しなければいけないというノルマがあり、注文しないと別途料金がかかる場合があります。

 

月間注文ノルマがない場合でもメーカーによっては定期配送されるお水に対して配送停止(休止)ができる日数にたいして制限があります。

 

大体1ヶ月までお水の配送停止が無料で、それ以上の停止期間に対しては500円〜1,000円の手数料が発生することが多いようです。

こちらもご注文前に確認しておくといいでしょう。

 

  • お水がどうやって配送されるか確認する

配送方法はボトルによって大きく分けて2つあります。

ガロンタイプのボトルの場合は、メーカー専属の配送スタッフがお水を定期配送してくれます。

またその定期配送時に、飲み終わったボトルを回収していってくれます。

 

ペットやパックタイプのボトルの場合は、大手宅配業者がお水を定期配送してくれます。

飲み終わった容器は回収の必要がなく、そのまま家庭用ゴミとして捨てる事ができます。

 

一人暮らしの方がガロンボトルをお使いの場合、回収がくるまでに空のボトルを部屋に置いておかなければいけませんので、ボトルを置いておくスペースが必要である事を覚えておいたほうがいいでしょう。

 

  • 解約手数料(解約違約金)がいくらかかるのか確認する

ウォーターサーバーのお申し込みにはほとんどのメーカーで最低契約期間が存在し、その期間内に解約するとウォーターサーバーを回収するための費用などとして、解約手数料(解約違約金)が発生します。

 

メーカーによって契約期間と金額が異なりますが、大体1年〜2年以内に解約すると5,000〜10,000円程度の解約手数料がかかります。

最低契約期間を過ぎた場合は、ほとんどのメーカーで解約金が発生することはないようです。

 

4. 一人暮らしにオススメのウォーターサーバー3選

ウォーターサーバーを導入する際の気になるポイント別に、オススメのウォーターサーバーを厳選してみましたので、ご参考ください。

 

【デザインで選ぶならこれ】

フレシャス dewo

dewo

※税込金額となります。

お水の種類 天然水
お水代 1,167円/パック
お水容量 7.2L/パック
最低注文本数 4パック
サーバーレンタル料

540円

※条件付き無料

メンテナンス料

不要

※セルフメンテナンスが可能

配送料 無料
配送地域

全国

※沖縄・離島を除く

電気代/月

約330円

サーバーサイズ

幅:29cm

奥行:36.3cm

高さ:112.5cm

お支払い方法

クレジットカード

代金引き換え

解約料金

1年以内の解約の場合5,400円

※1年以上の使用で解約料無料

合計月額費用

約5,540円/月(28.8L)

フレシャスから発売されている「dewo」というウォーターサーバーは、唯一グッドデザイン賞を受賞しています。

クリーン機能を備えた最新デザインサーバーでもあります。

お水の量も1パック7.2Lと軽量ですので、女性でもカンタンに持てるのも魅力です。

 

【価格で選ぶならこれ】

クリクラミオ

criclamio-tantai

※税込金額となります。

お水の種類 天然水
お水代 1,188円/本
お水容量 8L/本
最低注文本数 1本
サーバーレンタル料 無料
メンテナンス料 1年に1回、無料
配送料

無料

※3本未満の配送は、送料1回540円

配送地域

全国

※沖縄・離島を除く

電気代/月 約700円
サーバーサイズ

幅:30.5cm

奥行:35cm

高さ:128.5cm

お支払い方法

クレジットカード

NP後払い

解約料金

2年未満の解約で8,640円

合計月額費用

約4,270円/月(24L)

最大手クリクラから発売している天然水宅配のクリクラミオは1本からお水の注文が可能です。

配送周期も1週間〜6週間から選ぶことができるので、飲む頻度によって周期を選択しやすくなっています。

また、3本未満の配送にかかる540円もお申込み時点の周期を調整することで無料にすることが可能です。

 

【お水の成分で選ぶならこれ】

プレミアムウォーター スタンダードサーバー

premiumwater

※税込金額となります。

お水の種類 天然水(非加熱)
お水代

1,750円/本

※契約するプランによる

お水容量 7L or 12L/本
最低注文本数 2本
サーバーレンタル料 無料
メンテナンス料

不要

※セルフメンテナンスが可能

配送料

無料

※配送エリアによって有料

配送地域

全国

※離島を除く

電気代/月 約900円~
サーバーサイズ

【ロングタイプ】

幅:30cm

奥行:35cm

高さ:130cm

【ショートタイプ】

幅:30cm

奥行:35cm

高さ:85cm

お支払い方法

クレジットカード

口座振替

解約料金

2年未満の解約で10,800円

※契約するプランによる

合計月額費用

約4,400円/月(24L)

プレミアムウォーターは、農林水産省・厚生労働省の厳しい審査をクリアした事業者のみ許可される「非加熱」処理を採用しているので、天然水本来のミネラル成分と美味しさが味わえます。

モンドセレクション・iTQiを各採水地ともW受賞しています。

 

 

5. まとめ

ウォーターサーバーを導入するということは一人暮らしのあなたに知らなかったメリットを色々ともたらしてくれます。

しかも一度選んだウォーターサーバーは毎日使うものであり、最低でも1〜2年は付き合っていく大事な相棒です。

 

毎月の費用もかかりますので、本文で述べた各注意点を気にしながら、自分の望む生活スタイルに合わせてウォーターサーバーを選んでください。

毎日の一人暮らしをより楽しく、便利に過ごしていただければと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレミアムウォーターなら
「安全でおいしい水」が毎日飲めます

生活する上で欠かすことが出来ない「水」
それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

近年では、ミネラルウォーターの消費量の増大や家庭用浄水器の普及が進むなど、飲用に「安全でおいしい水」を求める社会的関心が高まっています。

プレミアムウォーターなら
・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます
・「世界が認めた品質と美味しさ」4年連続モンドセレクション を受賞
・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより1,080円 もお得に飲むことが出来ます
・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます

この機会にぜひ、あなたの家族・子供のために今から出来る「水の安全性」を考えてみませんか?


もっと詳しくみる 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*