【これが答えだ】安い天然水ウォーターサーバーBEST10

waterserver-lowprice-nature
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

飲み水に水道水は使いたくない…。

かといってペットボトルは毎回買うのが面倒だし、押入れの奥から取り出して封を空けるのも意外と手間。

 

そんな方々に人気の商品といえば… 「ウォーターサーバー」ですね!

 

お水はもちろんですが、温水もワンタッチで出せるため、コーヒーやお茶、お料理、お酒の割材、授乳と幅広く活用することができます。

 

ですがウォーターサーバーに興味があったとしても、毎月のコストが気になってしまい、中々手を出せずにいる方もいるのではないでしょうか。

 

ウォーターサーバー業界はまさに戦国時代。

水の採水地、デザイン・使い勝手など、メーカーがしのぎを削って独自性を出していますが、コストもメーカーそれぞれです。

 

そこで今回は、ウォーターサーバーを導入した場合の月額コストを徹底比較。

安い順のランキングを発表しますので、導入の検討材料にして頂ければ幸いです。

 

なお、お水の種類は大きく「天然水」と「RO水(水道水などをRO膜で処理したお水)」に分けられます。

どちらを選ぶかでおおまかなコスト感も変わってきますが、今回の記事では「天然水ウォーターサーバー」の安さランキングをお届けします。

 

ではどうぞ!

 

安いRO水のウォーターサーバーランキングはこちらをご覧ください!

※2016年11月28日時点でのランキングになります。

 

1. ウォーターサーバーを安く使うコツは?

ウォーターサーバーを安く使うための基本的な考え方を、簡単にお伝え致します。

 

1つ目は、「定期配送」の間隔を長めに設定することです。

 

「定期配送」とは、下の例の様に「2週に1回」「毎月1回」など、決められた配送周期毎に自動でお水を届けてしてくれるサービスです。

(お水を欲しくなったタイミングで注文をする「都度注文」を採用するメーカーもあります)

 

  • 1週に1回
  • 2週に1回
  • 3週に1回
  • 4週に1回
  • 1か月に1回

ウォーターサーバーの月額コストを抑える為には、これらの中から最も配送周期の長いものを選ぶことが基本になります。

「4週に1回」や「1か月に1回」などですね。

 

また、1回にお届けするお水の本数が多くなるほどコストは上がりますので、まずは1番少ない本数で契約しましょう。

「お水2本1セット」を最小注文数にしているメーカーが多いです。

 

忘れがちなのが電気代。

ウォーターサーバーは常にお湯が使えて便利ですが、その分電気代もかかります。

電気代の安いメーカーを選ぶことも、節約のコツになります。

 

ウォーターサーバーの電気代について、詳しくは「徹底比較!ウォーターサーバーの電気代は本当にお得?【比較表付き】」をご覧ください。

 

その他にも、ウォーターサーバーのレンタル代や毎月の保証費用などが必要なメーカーもありますので、「トータルで幾らかかるのか」を意識してみてください。

 

2. まず「天然水」か「RO水」かを選ぼう

お水が「天然水」なのか「RO水(水道水などをRO膜で処理した水)」なのか。

ウォーターサーバーを契約する上で最も重要な要素の1つです。

 

天然水は、その名の通り天然の水を汲み取ってボトリングしたもので、ナチュラルミネラルウォーターやナチュラルウォーターが分類されます。

やはり味には定評はありますが、お水そのものの値段も高めです。

 

RO水は、水道水などをRO膜でろ過し、ミネラルを後から添加したもの。

味は天然水にかなわないことが多いですが、その分値段も低く設定されていることが一般的です。

 

また、硬度が限りなくゼロに近い授乳に適しているものや、たくさんの種類のミネラルを添加したサプリメントウォーターなど、天然水よりもバラエティに富んでいるのもRO水の特徴です。

 

どちらにするか、迷ってしまいますね〜。

 

全般的にコストが低いのはRO水ですが、「やはり美味しい天然水が飲みたい。その中でも安いメーカーを知りたい。」という方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

とにかくコスト重視!RO水の安いランキングについて、詳しくは「【ガチンコ比較】安いRO水ウォーターサーバーBEST10」にて発表していますので、合わせて検討してみてください。

 

3. 本ランキングのルール

本記事では、各メーカーの「最安月額コスト」を算出し、ランキングを発表しますが、その前に、「最安月額コスト」に関して説明しておきます。

 

最安月額コストの定義

お水の配送周期を最大にし、1回あたりの注文量を最小にしたときの、1か月(30日)あたりの費用をベースとし、そこに電気代や毎月のサーバーレンタル料・保証費用などをプラスしたものを「最安月額コスト」と定義しました。

(水の値段 + 送料)÷ 配送間隔(日) × 30(日) + 電気代 + サーバーレンタル料など + (その他の年額費用 ÷ 12)

定期配送ではなく、お水を都度注文するタイプのメーカーの場合は、月1回の配送を、また送料など配送地域によって異なる金額の場合は、関東への配送を想定して計算しています。

 

【計算例】

 

「富士おいしい水」を例に実際に計算してみます。

水源  富士
水の値段 1,872円 
500mあたり 39円 
水の最小注文量 24L 
送料 602円 
定期配送の間隔(最大) 20日に1回 
電気代 約800円
サーバーレンタル料  550円 
その他費用  0円 
(水1,872円 + 配送料602円)÷ 20(日) × 30(日) + 電気代800円 + サーバーレンタル料550円 = 5,061円
最安月額コスト 5,061円
1日あたりの使用可能量 1,200ml

なお、「1日あたりの利用量」が600ml未満になるプランは、本ランキングの対象外にしました。

 

例えばクリクラミオでは、配送周期として「6週に1回」、1回の注文を「8Lの水1本」で契約することができます。

この場合、1か月あたりなんと「1,986円」で利用できてしまうのですが、1日あたりの使用可能量が「190ml」になってしまいます。

 

あまり現実的ではありませんね。

 

この様な極端な例を省くために、本ランキングでは「1日あたりの利用量」が600ml未満になるプランを除外しましたので、ご留意いただければと思います。

 

「それでも構わない!とにかく月額コストを抑えたい!」という方は、5章を参考にしてみてください。

 

4. 月額コストの安い天然水ウォーターサーバー BEST10

お待たせいたしました。

ランキングを発表いたします!

4-1. 第1位 アクアセレクト

aquaselect

【参考】 公式HP

最安月額コスト 3,435円
1日あたりの使用可能量 757ml
水源 伊勢宮川
水の値段 2,685円 
500mあたり 59.1円 
水の最小注文量 22.7L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 1か月に1回 
電気代 約750円
サーバーレンタル料  0円 
その他費用  0円 

1位に輝いたのは、アクアセレクトです。

 

1か月に1回、2,685円でお水を注文することができますが、これは天然水の中では圧倒的な安さになります!

本ランキングで3,000円台なのは、このアクアセレクトのみです。

 

アクアセレクトは、自然環境保護の「NPO 森と水を守る会(フォレストキーパーズ)」の理念に共感して、ビジネスを立ち上げ、本当の「本物志向」「ソーシャルビジネス」を目指しています。

 

国土交通省の一級河川調査において、過去11回「水質1位」を獲得した宮川の最上流部の天然水を楽しむことができます。

 

4-2. 第2位 コスモウォーター

cosmo-smart

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,203円
1日あたりの使用可能量 800ml
水源 京都府福知山市
水の値段 3,800円 
500mあたり 79.2円 
水の最小注文量 24L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 1か月に1回 
電気代 約403円
サーバーレンタル料  0円 
その他費用  0円 

人気のあるメーカーの1つ、コスモウォーターが2位になりました。

成宮寛貴さんのTV CMでもお馴染みですね。

 

初期費用や送料などがかからず、毎月かかるのは飲む水代だけ。

水のボトルはウォーターサーバーの下に設置するタイプなので、女性や高齢者でも楽々なのがポイントです。

 

コスモウォーターの天然水は3つの採水地のお水を選ぶことができますが、今回は最も安い「古都」で試算しています。

 

※オーケンウォーター、ワンウェイウォーター、ネイフィールウォーターなどのOEMブランドも、コスモウォーターに含めます。

 

4-3. 第3位 クリクラミオ

creclamio

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,236円
1日あたりの使用可能量 800ml
水源 富士
水の値段 3,300円 
500mあたり 68.8円 
水の最小注文量 24L ※8L(1,100円)から注文可能
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 4週に1回 
電気代 約700円
サーバーレンタル料  0円 
その他費用  0円 

クリクラミオは、あの有名なクリクラの天然水ブランドとして、2015年にサービスを開始しました。

富士山のお水なので、バナジウムも含まれています。

 

8Lで1,100円という小口注文が可能なのも魅力。

今回は1度に3本注文した場合の値段で比較しましたが、それでも4位にランクインしました。

 

番外ランキングでご紹介しますが、毎日コップ1杯程度の水を使用するだけで良ければ、配送本数を減らしてさらにコストを抑えることも可能です。

 

4-4. 第 4位 ウォーターワン

waterone-jl

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,300円
1日あたりの使用可能量 857ml
水源 富士
水の値段 3,200円 
500mあたり 66.7円 
水の最小注文量 24L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 1か月に1回 
電気代 約600円
サーバーレンタル料  500円 
その他費用  0円 

ウォーターワンは、富士山山麓の地下から汲み上げた天然水です。

もちろんバナジウムも含まれています。

 

単なる天然水ではなく、非加熱処理でボトリングをしているのが特徴ですね。

溶存酸素・ミネラルもそのままの状態の新鮮なお水を楽しむことができます。

 

4-5. 第 5位 富士桜命水

fujisakura

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,358円
1日あたりの使用可能量 857ml
水源 富士
水の値段 2,400円 
500mあたり 50.0円 
水の最小注文量 24L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 1か月に1回 
電気代 約1,110円
サーバーレンタル料  677円 
その他費用  0円 

富士桜命水は、富士山の麓、標高1,000mに位置する採水地の地下150mから汲み上げた貴重な天然水です。

バナジウムはもちろん、コラーゲンの再生などを手助けすると言われている「天然ミネラル シリカ」も含まれている、稀有な天然水です。

 

500mLあたりの水の値段も安いので、使用量の多いご家庭にはうってつけのウォーターサーバーです。

 

4-6. 第6位 プレミアムウォーター

premium2

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,371円
1日あたりの使用可能量 857ml
水源 富士吉田
水の値段 3,240円 ※PREMIUM3年パックの場合
500mあたり 67.5円 
水の最小注文量 24L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 4週に1回 
電気代 約900円
サーバーレンタル料  0円 
その他費用  0円 

プレミアムウォーターは、近年最も勢いのあるメーカーの1つです。

amadanaウォーターサーバーなどで有名なCLYTIAとブランド統合をした結果、天然水業界ではトップクラスの規模となりました。

 

非加熱処理という、天然水本来の味にこだわったボトリングをしているのも特徴です。

 

プレミアムウォーターの特徴は、なんといってデザイン性の高いウォーターサーバーです。

しかもサーバーレンタル料は無料!

 

このデザインを上回るウォーターサーバーは、レンタル費用が別途発生することが多いため、コストとデザインのバランスを重視したい方にもオススメです。

 

4-7. 第 7位 富士の湧水

fujinoyusui

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,510円
1日あたりの使用可能量 800ml
水源 富士
水の値段 3,048円 
500mあたり 63.5円 
水の最小注文量 24L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 都度注文 ※本ランキングでは月1回配送想定 
電気代 約700円
サーバーレンタル料  762円 
その他費用  0円 

「富士の湧水」が誕生したのは、約20年前。

日本の宅配水業界では先駆的な存在のメーカーです。

 

使いきり容器(D-パック)を採用することで、毎回、新品の衛生的な容器に天然水をボトリングし、お客様へお届けしています。

 

4-8. 第 8位 サントリー

suntory 

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,716円
1日あたりの使用可能量 836ml
水源 南アルプス
水の値段 3,450円 
500mあたり 73.7円 
水の最小注文量 23.4L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 4週に1回 
電気代 約1,020円
サーバーレンタル料  0円 
その他費用  0円 

誰もが知っているサントリーの南アルプスの天然水が、なんとウォーターサーバーで利用することができます!

 

大手メーカーならではの安心感がありますね。

サーバーのレンタル料も無料になったため、一気に利用しやすくなりました。

 

4-9. 第9位 うるのん

ulunom-grande

【参考】 公式HP

最安月額コスト 4,870円
1日あたりの使用可能量 857ml
水源 富士
水の値段 3,333円 ※うるうるプランの場合
500mあたり 69.4円 
水の最小注文量 24L 
送料 0円 
定期配送の間隔(最大) 4週に1回 
電気代 約1,000円 ※ウォーターサーバーGrandeの場合
サーバーレンタル料  300円 ※ウォーターサーバーGrandeの場合
その他費用  0円 

うるのんは「ドラえもんウォーターサーバー」でおなじみのブランドで、東証一部上場会社の「TOKAI」が運営しています。

 

天然水だけでなく、RO水もラインナップに存在します。

 

4-10. 第10位 富士おいしい水

fujioishimizu

【参考】 公式HP

最安月額コスト 5,061円
1日あたりの使用可能量 1,200ml
水源 富士
水の値段 1,872円 
500mあたり 39円 
水の最小注文量 24L 
送料 602円 ※水24Lあたり 
定期配送の間隔(最大) 20日に1回 
電気代 約800円
サーバーレンタル料  550円 
その他費用  0円 

10位は、知る人ぞ知る「富士おいしい水」です。

水の値段が500mlあたり39円という、驚異的な値段が売りのメーカーです。

 

サーバーレンタル代や配送料などは別途必要ですが、これは本来どのメーカーでも発生している金額。

あえて別メニューとして用意することで、明快な料金体系を実現しています。

 

今回ランキング10位となってしまったのは、定期配送の間隔が最大「20日」となっていることが大きな理由です。

他のメーカーさんは、月に1度の配送のところが多いですからね。

 

し・か・し!

 

こちらのメーカー、配送のスキップが自由でノルマなどもありません。

例えば月に1回配送されるように利用した場合はいかがでしょうか。

 

なんと月額コストは3,824円になり、本ランキング第2位となります。笑

 

5. 番外編

1日に使える水の量にはこだわらない。毎日コップ1杯程度でも構わないので、とにかく費用を抑えて、ウォーターサーバーのある暮らしを始めたい!

 

そんなニーズもあると思います。

 

本ランキングでは、最長でも「1か月に1回」はお水を注文するルールで算出しましたが、1か月以上の配送周期を選択できるメーカーもあります。

また配送スキップが自由なメーカーもありますので、月額コストをさらに抑える2つのケースをご紹介いたします。

 

5-1. 富士おいしい水

本ランキング10位の「富士おいしい水」は、配送のスキップが自由。

60日に1回注文してみましょう。

(水1,872円 + 配送料602円)÷ 60(日) × 30(日) + 電気代800円 + レンタル料550円 = 2,587円

なんと月額2,500円程度になりました。

それでも1日400mlはお水を使用できます。

 

5-2. クリクラミオ

本ランキング3位の「クリクラミオ」で、1回の配送を「1本8L」、配送周期を「6週に1回」にしてみるとどうなるでしょうか。

 

水1,100円  ÷ 42(日) × 30(日) + 電気代700円 + レンタル料500円 = 1,986円

 

なんと、2,000円を切ってしまいました。

 

1か月のお水の配送が2本以下の場合は、サーバーレンタル料が500円必要になりますが、それでも圧倒的に安いですね。

1日に190mLしかお水が使えない計算になりますが、1つの極端な例として参考にしてみて下さい。

 

上記以外のメーカーでも、2ヶ月程度はお水の配送をスキップできるメーカーがありますので、利用シーンに応じて注文量を調整する事で、月額コストを抑えることができます。

 

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、天然水のウォーターサーバーを月額コストの安い順にご紹介いたしました。

 

比較検討の材料は安さだけではありませんが、重要な要素であることは間違いありませんので、是非参考にしていただければと思います。

 

また番外編として、とにかくウォーターサーバーを安く利用する事例を2つあげさせて頂きました。

実用性があるかどうかはさておき、考え方のヒントの1つになれば幸いです。

 

本記事を参考に、お気に入りのウォーターサーバーを見つけて下さいね。

 

【ガチンコ比較】安いRO水ウォーターサーバーBEST10」も合わせてお読み頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレミアムウォーターなら
「安全でおいしい水」が毎日飲めます

生活する上で欠かすことが出来ない「水」
それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

近年では、ミネラルウォーターの消費量の増大や家庭用浄水器の普及が進むなど、飲用に「安全でおいしい水」を求める社会的関心が高まっています。

プレミアムウォーターなら
・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます
・「世界が認めた品質と美味しさ」4年連続モンドセレクション を受賞
・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより1,080円 もお得に飲むことが出来ます
・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます

この機会にぜひ、あなたの家族・子供のために今から出来る「水の安全性」を考えてみませんか?


もっと詳しくみる 

SNSでもご購読できます。