水ダイエットを成功させる5つの方法

water-diet01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「水ダイエットなんて本当にお水を飲むだけで効果があるの?」

と思っている方も多くいませんか。

 

実は、水を飲むことでダイエット効果があることは証明されています。

適切な方法で行えば、水ダイエットは効果があります!

 

しかし、水そのものに痩せる効果があるということではありません。

水を飲むことによって体の中で起きるさまざまな効果こそが、ダイエットにつながっています。

 

今回は、水ダイエットを成功させるための5つの方法を紹介しますので、水ダイエットをしようとしている方はぜひ参考にしてください。

 

1. 水ダイエットは効果がある!

水を飲むことでダイエットできるということは、なかなか信じにくいですよね。

 

私たちの体がもともと持っている機能をしっかりと促すことができれば、水を飲むだけで十分なダイエット効果が見込めます。

しかし一体どんな機能を促せばいいのでしょうか。

 

実は、体温を適温に保つための調整機能です。

 

例えば、気温が高く暑いとき。私たちの体は汗をかきますよね。

発汗することで体温を下げ、適温になるよう調整をしています。

また気温が低く寒いときには、多くのエネルギーを使い体温をあげているのです。

 

この調整機能は、水を飲むことで起こる体内の温度変化へも対応しています。

 

暑いお湯を飲めば発汗し体温を適温に保とうとします。

逆に冷たい水を飲めば飲んだ水を体内で体温と同じ温度にしようとエネルギーを使います。

 

水を飲むことによってこの調節機能を効果的に促せば、ダイエット効果を得ることができます。

 

2. 水ダイエットを成功させる為の5つの方法

水ダイエットを成功させるためには、どのタイミングで水を飲むのが効果的なのか。

1日の流れに沿って紹介します。

 

2-1. 朝起きたら水を飲む

朝起きたらコップ1杯の水を飲みしましょう。

これは、1日の始まりとして、習慣にしてもらいたい特にオススメのタイミングです!

 

水を飲む事によって、胃腸をはじめとした体内の動きを活発にし消化活動を助け、体の代謝を高めるといった効果が期待できます。

 

「寝起きに冷たいお水はちょっと…」と思う方もいると思いますが、白湯(お湯)でも良い効果が期待できます。

体をあたためる効果もあるので、寒い冬などには欠かせなくなりますよ。

 

またお茶やジュース等ではなく、あくまでも水(お湯)を飲むこと。

これを心がけてくださいね。

 

【参考】 海外からも注目度が高い? 目覚めに飲むコップ一杯のお水の効果|Googirl

 

2-2. 食事の前に水を飲む

 

食事の前に水を飲むことで食事前に満腹感を得ることができます。

体が食欲を制御する効果があります。

しかし、食事前に水を飲む効果はこれだけではありません。

 

2015年、イギリスのバーミンガム大学によりと、食事前に水を飲む人は、飲まない人よりも体重が早く減るという研究結果を発表しています。

また水の飲むことで、体の基礎代謝量にも差が出てくるという結果が明らかになっています。

 

【参考】 食前に水を飲むと、体重が早く減る(英・研究)|TABI LABO

 

食事の20~30分前に水を飲みましょう。

食事の直前に水を飲んでしまうと、食べ物を消化する体の働きを一時的に弱めてしまいます。

 

水を飲むタイミングが重要になりますので忘れないように意識しましょう。

 

2-3. 入浴の前後に水を飲む

入浴すると、体が温まり血行が促進されます。

温まった体は、発汗による体温調整が行われ、エネルギーが消費します。

発汗により、体からは多くの水分が失われます。

 

また入浴では、老廃物の排出(デトックス効果)のサポートも期待できます。

発汗に伴い、古い皮脂を毛穴から排出するなどの役目も補っています。

 

入浴によって、汗とともに老廃物を排出する効果をより効果的にする方法が入浴の前後に飲む水です。

 

2-4. 寝る前に水を飲む

実は、体内から多くの水分が出ていくタイミングは睡眠です。

 

一般的に、8時間の睡眠で約500mlもの水分を失うと言われています。

寝る前にもお水をとるようにして下さい。

 

食事の前と同じく、就寝時間の少し前にとっておくことが大切です。

冷たくなくても常温のお水、もしくは白湯でも構いません。

 

しっかりと睡眠をとることで汗をかきましょう。

 

2-5. 水を近くに置いてこまめに飲む

水ダイエットは、「絶対に飲んじゃダメ」というタイミングが存在しないので、とても柔軟に続けやすいダイエット方法です。

水を飲む事を意識さえすれば、それで十分なのです。

 

例えば、水筒を持ち歩く。

そうすると、ペットボトルをお店で買う事が自然と減っていきます。

それだけで水をのむことを習慣づけしやすくなります。

 

3. ダイエットのメリット・デメリット

3-1. メリット

  • 方法が簡単である。
  • 水は比較的安く手に入る。
  • 厳しい制約やノルマが存在しない。

 

この3つのメリットが挙げられます。

今までいろんなダイエットに挑戦してきた方もこれなら始められるのでは?

 

3-2. デメリット

  • 飲みすぎると体へ負担になる。
  • 効果がでるまで時間がかかる。

 

一気に多くの水を飲むと肝臓に負担をかけてしまいます。

特に冷たい水の場合、体温の調整機能もうまく働かず、下がったままになってしまうこともあります。

何事も無理は禁物ですので気を付けましょう。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

水ダイエットは効果があります。

 

方法は簡単です。

 

  1. 朝起きたら水を飲む
  2. 食事の前に水を飲む
  3. 入浴の前後に水を飲む
  4. 寝る前に水を飲む
  5. 水を近くに置いてこまめに飲む

 

このタイミングを外さず、意識して飲むことが大切です。

みなさん、今回紹介した適切な水ダイエットの方法をこころがけ、健康なダイエット生活をおくってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレミアムウォーターなら
「安全でおいしい水」が毎日飲めます

生活する上で欠かすことが出来ない「水」
それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

近年では、ミネラルウォーターの消費量の増大や家庭用浄水器の普及が進むなど、飲用に「安全でおいしい水」を求める社会的関心が高まっています。

プレミアムウォーターなら
・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます
・「世界が認めた品質と美味しさ」4年連続モンドセレクション を受賞
・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより1,080円 もお得に飲むことが出来ます
・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます

この機会にぜひ、あなたの家族・子供のために今から出来る「水の安全性」を考えてみませんか?


もっと詳しくみる 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*