キレイな女性は良質な軟水を飲んでいる?軟水の4つの効果

nansui-koka_original
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2011年の日本のミネラルウォーター市場は、20年前の約11倍、10年前の約2.5倍にまで拡大しています。

特に女性からの支持が高く、水を買って飲むのは当たり前の時代となりました。

 

ミネラルウォーターには軟水と硬水の2タイプが存在しますが、

国内で販売されているものは、ほとんどが軟水です。

 

軟水は「美容」や「健康」に良いとされていますが、具体的にどのような効果があるのか、あまり意識せずに飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな軟水の4つの効果を紹介します。

良質な軟水を意識して飲むことで、周りに差をつけることができるかもしれませんよ。

 

1. そもそも軟水って何?

軟水の定義や特徴を簡単に見ていきましょう。

1-1. 硬度120mg/L未満の水が「軟水」

水には「硬度」という指標があります。

 

硬度とは、水1,000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表した数値です。

 

硬度 =(カルシウム量mg/L × 2.5)+(マグネシウム量mg/L × 4)

 

WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/L 未満の水を「軟水」、120mg/L以上の水を「硬水」と呼びます。

硬度 水の種類
120mg/L未満 軟水
120mg/L以上 硬水

軟水は「カルシウムやマグネシウムの含まれる量が硬水よりも少ない」と覚えておきましょう。

 

1-2. 軟水の味の特徴

軟水の特徴は、その口当たりの柔らかさ。何杯でもごくごく飲めてしまいます。

逆に「エビアン」や「コントレックス」の様な硬水は、飲みごたえがあり、ずっしり重い印象。

 

水に溶けているカルシウムとマグネシウムの量の違いは、味にも顕著に現れる様です。

 

1-3. 日本人の味覚にあう軟水

日本人の味覚に合うのは「軟水」と言われています。

  • 口当たりの柔らかさから、そのまま飲んで美味しい
  • 水そのものの主張が弱いため、お茶や日本料理に使うと風味が引き立つ

上記の様に感じるのは、そもそも日本の水が軟水だからなのかもしれません。

 

例えば、東京の水道水は硬度60mg/L程度の軟水です。

軟水を前提とした味覚・食文化が形成されてきたのは間違いないでしょう。

 

2. 軟水の4つの効果

軟水の代表的な4つの効果を紹介します。

 

2-1.  肌に優しい

軟水は肌や髪に優しいとされています。

 

軟水は固くなってしまった角質をほぐし、肌をしなやかにします。

硬水に比べると石鹸の泡立ちも良くなり、石鹸カスが肌に残りにくくなります。

 

また、皮膚の油分を奪わないので、肌がつっぱりにくくなります。

洗顔にも最適ですね。

 

皮膚科医・岩本麻奈先生の著書日本女性のための本当のスキンケアによると、硬水に含まれるカルシウムが、肌の乾燥の一因となっている可能性があるのだとか。

 

岩本先生ご自身も、フランスの硬水が合わないため、フランスでは水を使わずにミネラルウォーターをスプレーして洗顔しているそうです。

 

海外旅行に行って、肌が荒れたり、髪がゴワゴワになったという経験のある方。

それは海外の水道水が硬水だからかもしれません。

 

日本ではシャワーから当たり前の様に軟水がでてきますが、女性にとっては恵まれた環境なのですね。

 

【参考】  『日本女性のための本当のスキンケア』 | 岩本 麻奈(著), 2013年 P175

 

2-2. 体に吸収されやすい

軟水は純水に近く、浸透圧が低いので体内へ素早く吸収されるという特徴がある為、日常の水分補給としては最適です。

 

吸収されたミネラルが血液やリンパ液を通じて全身に栄養を運ぶため、飲んでも肌に良いのが軟水と言えます。

 

2-3. 胃腸への負担が少ない

軟水は含まれているミネラルが少ない分、胃腸への負担が少ないという特徴があり、胃腸が弱い人やお年寄り、赤ちゃんが飲むのにも適しています。

 

日本人は、ミネラル分が多く含まれる硬水を飲むと、下痢を引き起こしやすいと言われています。

 

ミネラルウォーターを毎日飲むのであれば、軟水の方が敷居は低いと思います。

 

2-4. 老廃物の排出をスムーズにする

水は飲むことによって、汗や尿とともに老廃物が排出されます。

特に軟水は体に吸収されやすいため、よりスムーズに排出されると言われています。

 

不要物を体の外に出して、健康を維持することは非常に重要です。

 

エステやサウナなどを利用する際に意識して軟水を飲むようにすれば、良いデトックス効果が期待できるでしょう。

 

3. 軟水の代表的な商品

日本の水道水も軟水と言えば軟水ですが、日常的に飲むのであれば、安全で美味しい良質なミネラルウォーターを選びたいところです。

 

市販されている軟水のミネラルウォーターにはどの様なものがあるのでしょうか。

硬度が低い順に、いくつか見てみましょう。

 

3-1. 白神山水 

shirakamisanchi1

【参考】 白神山水

 

硬度14の超軟水です。だから非常にまろやか。

余分なミネラルが含まれていないため、カラダに負担をかけることなく安心して飲むことができます。

 

硬度25mg/L以下の軟水は、コンビニやスーパーなどではなかなか目にする機会がないので、インターネットやデパ地下などで探してみてください。

 

 

3-2. 南アルプスの天然水

suntoypet1

【参考】 楽天市場

 

1991発売の定番商品。ミネラルウォーターブームの火付け役の1つ。

どこでも気軽に買えるため、一度は飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。

「い・ろ・は・す」や「クリスタルガイザー」も、同じクラスの硬度です。

 

3-3. ボルヴィック

volvic1

【参考】 Amazon

 

輸入ミネラルウォーターの中では知名度バツグンの商品。

ヨーロッパで採水される水としては珍しく軟水ですが、南アルプスの天然水と比べると、独特のとろみと存在感を感じます。

 

3-4. フィジーウォーター

fiji-1

【参考】 ケンコーコム

 

軟水の中でも、硬度が比較的高い水です。

美のミネラルと呼ばれる「シリカ(ケイ素)」が1Lあたり92mgと豊富に含まれ、世界各国のセレブたちに愛されています。

 

フィジーウォーターを飲むと、どことなく優雅な気持ちになります。

(ペットボトルもお洒落ですよね)

 

4. おいしい軟水を飲み続けるには?

ここまで読んで、早速軟水を飲み始めたい!

という方もいらっしゃるかと思います。

 

そうすると次に気になってくるのが、飲み続ける方法と金額。

3パターンにまとめてみましたので、参考にして頂ければ幸いです。

 

※1ヶ月の費用は、1日1Lを30日間使用すると仮定して算出

※ナチュラルミネラルウォーターで比較

 

4-1. 近くのコンビニなどで、都度購入する

もっともシンプルな方法が「近くのコンビニで買う」です。

その時の気分に合わせて、商品をセレクトできるのも嬉しいですね。

 

メリット:すぐに始められる。1回の購入が最小単位で済む。

デメリット:都度購入するので飽きると続かない。商品が限られる。

月額費用概算例:1本500ml 100円 × 60 = 6,000円

4-2. 通販サイトなどで、都度購入する

インターネットで購入する方法です。

様々な商品の中から選ぶことができます。

 

メリット:硬度の低い商品も含め、たくさんの商品から選べる。

デメリット:都度購入するので飽きると続かない。マイナーな商品は値段が高めである。

月額費用例:1本2L 200円 × 15 = 3,000円

定期配送を行っているメーカーもあります。

 

4-3. ウォーターサーバーを契約する

最近流行っているウォーターサーバーを契約する方法です。

美味しいお水を定期的に届けてくれます。

 

メリット:飲みたいときに飲める。温水がすぐに使える。定期的に届くので、無理なく続けることができる。

メリット:契約期間に縛りのあるメーカーもある。

月額費用例:1セット24L 3,240円 × (30/24) = 4,050円

ウォーターサーバーで天然水をおいしく飲む方法は、「天然水をウォーターサーバーでおいしく飲むための3つの鍵」にて詳しく紹介しています。

 

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「軟水」は私たち日本人に馴染みの深いお水ですが、改めて焦点をあててみると、多くの効果があって驚きました。

 

特に「肌に優しい」「老廃物の排出がスムーズになる」などは、「キレイ」に敏感な女性ほど見逃せない効果ですよね。

 

興味を持たれた方は、まずはコンビニなどで商品を買い、毎日意識して飲んでみるところから始めてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレミアムウォーターなら
「安全でおいしい水」が毎日飲めます

生活する上で欠かすことが出来ない「水」
それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

近年では、ミネラルウォーターの消費量の増大や家庭用浄水器の普及が進むなど、飲用に「安全でおいしい水」を求める社会的関心が高まっています。

プレミアムウォーターなら
・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます
・「世界が認めた品質と美味しさ」4年連続モンドセレクション を受賞
・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより1,080円 もお得に飲むことが出来ます
・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます

この機会にぜひ、あなたの家族・子供のために今から出来る「水の安全性」を考えてみませんか?


もっと詳しくみる 

SNSでもご購読できます。