どうしても朝にコーヒーが飲みたい人に捧げる優しいコーヒーの飲み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

目覚めの一杯に。

 

すっかり朝の飲み物というイメージが定着しているコーヒー。

朝からオープンしているカフェやホテルの朝食でも必ず用意されていますよね。

 

一方で・・・

「朝に飲むコーヒーは胃が荒れる」

「朝に飲むコーヒーは健康に悪い」

といった情報もよく目にします。

 

朝のコーヒーが推奨されない原因のほとんどは「カフェイン」にあります。

 

つまり朝のコーヒー自体が悪いわけではなく、朝に摂取する「カフェイン」に気を付けて飲めば大丈夫なのです。

 

なにかとカフェインレスが流行る現代。

あなた好みの上手な飲み方がきっとあるはずです。

 

本記事では「カフェイン」に着目し、コーヒー党のあなたに捧げる美味しく健康的な朝の一杯の楽しみ方を伝授いたします!

 

1. 朝にコーヒーを美味しく健康的に飲む方法

1-1. 食後に飲む

「食後に飲む」 まさに王道ですね。

 

コーヒーの主成分であるカフェインには、胃酸の分泌を促進させる特性があります。

 

食後であれば、胃の働きが促進されますので、消化がスムーズに行われます。

一方で、寝起きの空きっ腹の状態でコーヒーを飲むと胃酸過多になり、胃壁を荒らしてしまうのです。

 

【参考】 インタビュー第10回 コーヒーと健康|ネスレ日本株式会社

 

これが「朝に飲むコーヒーは胃が荒れる」と言われる主な原因です。

 

早起きは三文の得。

時間と心に余裕を持って優雅にいただく朝食とコーヒーは気分的にも最高です。

美味しく健康的な朝の一杯を楽しむためには、余裕を持って起床しましょう。

 

1-2. ミルクを入れる

morning-coffee-02

 

朝のコーヒーには、たっぷりの牛乳を入れたカフェオレやカフェラテ、豆乳を入れたソイラテもおすすめです。

そして、温かいカフェオレ・カフェラテ・ソイラテならより胃腸への負担が減り効果的です。

 

牛乳や豆乳には胃の粘膜を保護する効果があり、胃酸の分泌を促すカフェインの効果を緩和してくれます。

 

また、ヨーグルトなどの乳製品にも胃を保護してくれる効果がありますので、朝食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

1-3. 硬水で入れる

自宅でコーヒーを入れるなら、硬水で入れると低カフェインのコーヒーを抽出できます。

これは硬水に多く含まれるカルシウムやマグネシウムにカフェインの抽出を妨げる特性があるからです。

 

味は軟水で入れたときと比べて、苦味が強くなり、酸味が弱くなる傾向があります。

苦味が不得意な場合は、ミルクや砂糖で味を調えてあげましょう。

 

水とコーヒーの関係について、詳しくは「【特集!おいしいコーヒーの秘密】最高の一杯を作る水の選び方」をご覧ください。

 

1-4. カフェインレスコーヒーを飲む

近年、「デカフェ」や「ディカフェ」という名称でも広まりつつあるカフェインレスコーヒー。

全国のカフェチェーンやスーパーのコーヒー売り場でも目にすることが増えてきました。

 

カフェインレスブレンド(粉)|小川珈琲店

morning-coffee-03

180g 920円(税抜)

【参考】 カフェインレスブレンド(粉)|小川珈琲オンラインショップ

 

オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー|マウントハーゲン

morning-coffee-04

100g 約1,270円(税込)

【参考】 Amazon.co.jp

 

基本的に市販のカフェインレスコーヒーは、97~99%カフェインがカットされています。

 

他にも妊婦でも飲めるコーヒーとして浸透しつつあるタンポポコーヒーやチコリーコーヒーなど変り種カフェインレスコーヒーに挑戦するのも面白いかもしれません。

 

タンポポ・インスタント クラシック|生活の木

morning-coffee-05

50g 1,700円(税抜)

【参考】 タンポポ・インスタントクラシック|生活の木 【公式】オンラインストア

 

チコリー・インスタント クラシック|生活の木

morning-coffee-06

50g 1,000円(税抜)

【参考】 チコリー・インスタントクラシック|生活の木 【公式】オンラインストア

 

いかがでしたか?

普通のコーヒーと違って、時間や体調を気にせず飲めるのが嬉しいポイントですね!

 

2. 「朝にコーヒー」で注意したい飲み方

2-1. 寝起きすぐに飲む

1-1でも触れましたが、カフェインは胃酸の分泌を促進させる作用があり、寝起きの胃が空っぽの状態でカフェインを摂取すると、胃酸が無防備な胃壁を荒らしてしまいます。

 

実はこの他にも理由があります。

朝、眠気覚ましにコーヒーを飲むという人も多いかと思いますが、これが全くの無意味だったという研究成果が発表されています。

 

アメリカの軍保健科学大学(Uniformed Services University)の神経科学者スティーブン・ミラー氏の研究によると、覚醒を促すホルモンである「コルチゾール」は、明け方頃から分泌量が増え始めて起床時にピークを迎え、その後1時間程度高いレベルを維持します。

この時間帯は、体が最も覚醒し、カフェインを必要としない時間帯ですので、コーヒーを飲んでもカフェインの効果が実感し難く、気付かないうちに摂取量が増えて耐性ができてしまい、いざというときにカフェインが効かない体質になってしまうおそれもあるのです。

 

【参考】 The best time for your coffee|NeuroscienceDC

 

2-2. 薬やサプリと一緒に飲む

朝・昼・晩と食後に3回飲まないといけないことも多い薬。

朝食をとらない派でも、クッキー1枚でもいいので何か食べてから水またはぬるま湯で服用することが推奨されています。

 

コーヒーに含まれるカフェインは、薬に含まれている様々な成分と関わって副作用をおこす可能性があります。

特に朝の空きっ腹の状態で、薬をコーヒーで流し込むのはあまりにも無防備といえます。

 

カフェインレスコーヒーにしてもカフェイン以外の成分と薬の成分がどんな反応をおこすのか断言はできませんので、避けましょう。

 

【参考】 カフェイン|くすりと食品の相互作用|くすりの適正使用協議会

 

そして、栄養系のサプリもカフェインやタンニンなどのコーヒー成分と結びつき、栄養補給が阻害されてしまう場合があるので、これらは水またはぬるま湯で服用するようにしましょう。

 

2-3. 鉄分の多い食材(プルーン・ひじき・ほうれん草など)と一緒に飲む

コーヒーの成分の一種であるタンニンは、鉄分の吸収を阻害する特徴があります。

タンニンは鉄と結びつき、水に溶けにくいタンニン鉄となるため、腸での吸収が妨げられてしまいます。

これは栄養補給の面で非効率的です。

 

【参考】 ヘム鉄とは|機能食品|製品紹介|ILS株式会社

 

朝食でこういった食材を食べるときは、食後、少し時間を置いてからコーヒーを飲むとミネラルの補給が無駄になりません。

1-3でも触れましたが、ミネラル(鉄・カルシウム・マグネシウム)とコーヒー成分は互いに影響を受けやすいようです。

 

3. コーヒーを飲むのにベストな時間帯と便利なツール

3-1. ベストな時間帯

2-1で紹介したミラー氏によると、コーヒーを飲む理想的な時間帯は、覚醒ホルモンであるコルチゾールのレベルが下がる午前9時半から11時半、午後1時半から5時だそうです。

この時間帯であれば、少量のカフェインでも効果があるので、耐性ができづらく、過剰摂取やカフェイン依存を避けられるそうです。

 

一般的な会社員であれば、出社後すぐとランチ後の眠気と戦っているぐらいの時間帯でしょうか。

労働環境にもよると思いますが、マグカップやタンブラーを用意してオフィスでコーヒーを入れるのも良いかもしれませんね!

 

3-2. 便利なツール

さて、とはいえ狙った時間帯やなにかと忙しい朝の時間帯にコーヒーを飲むのはなかなか難しいことです。

 

そんなときは、すぐにお湯を出せるウォーターサーバーや電気ポットがあるとかなりの手間の削減になり、時間を節約できます。

コーヒーだけでなく、スープやその他の料理を作るのにも時短になってとても便利ですので、導入を検討するのも良いかも知れません。

 

morning-coffee-01

 

お湯関連グッズについて、詳しくは「【厳選】お湯沸かしグッズ40選!おいしいお湯を飲みたい方のための豆知識付き」をご覧ください。

 

あるいは思い切ってコーヒーマシンを導入するのも面白いかもしれません。

 

coffee-water-10

 

自宅やオフィスがコーヒーの良い香りでより華やぐかも?

 

4. まとめ

貴重な朝の時間の使い方は千差万別。

コーヒーの楽しみ方も千差万別。

 

コーヒー党のあなたにぴったりの朝コーヒーの楽しみ方は見つかりましたか?

 

飲むタイミング・入れ方・飲み方を変えるだけでガラッと体に優しいコーヒーに変貌します。

コーヒーって本当に面白いですよね!

 

本記事があなたのコーヒーライフの参考になることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレミアムウォーターなら
「安全でおいしい水」が毎日飲めます

生活する上で欠かすことが出来ない「水」
それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

近年では、ミネラルウォーターの消費量の増大や家庭用浄水器の普及が進むなど、飲用に「安全でおいしい水」を求める社会的関心が高まっています。

プレミアムウォーターなら
・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます
・「世界が認めた品質と美味しさ」4年連続モンドセレクション を受賞
・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより1,080円 もお得に飲むことが出来ます
・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます

この機会にぜひ、あなたの家族・子供のために今から出来る「水の安全性」を考えてみませんか?


もっと詳しくみる 

SNSでもご購読できます。

飲むならおいしいお水がいい!
【期間限定】お得なキャンペーン実施中