硬度別おすすめミネラルウォーター12選【硬度の解説付】

mineralwater-hardness
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

私のカラダにあうミネラルウォーターって一体どれだろう…?

 

ミネラルウォーターは、硬度別に種類が存在します。

 

様々な商品がある中で自分にあったミネラルウォーターを探す際は、硬度についての特徴を理解したうえで選ぶことが大切です。

 

硬度とは単純にかたい水かやわらかい水かの違いですが、カルシウムとマグネシウムが少なく含まれているものがやわらかい水「軟水」となります。

またその逆で、多く含まれていると硬い水「硬水」となります。

 

やわらかい水と硬い水の違いは大地を形成する地殻物質の違いにあります。

 

お水に含まれるカルシウムやマグネシウムは、地層の中の岩石から時間をかけて溶け出したものです。

 

日本などの島国は面積が狭く、川も傾斜が急な地域が多いため、地層に浸透する時間が短いので、ミネラル分を多く含む硬水にはならずに、ほとんどが軟水(やわらかい水)になります。

 

一方でヨーロッパや北米などの大陸は石灰岩地質が多く、地下水は高大な大地をゆっくりと流れるため、地層に浸透する時間も長くなり硬水(硬い水)になりやすいのです。

 

WHO(世界保健機関)の基準では120mg/L以下が軟水、120mg/L以上が硬水とされています。

軟水と硬水の区別をWHO基準の表で以下にまとめておきます。

 

WHO(世界保健機関)の基準

hardness-WHO

硬度の計算式=カルシウム(mg/ℓ)×2.5+マグネシウム(mg/ℓ)×4.1

今回は軟水と硬水の特徴と、体に与えるメリットを紹介しながら、何を飲んでいいか迷わないように硬度別におすすめのミネラルウォーターをご紹介していきます。

 

1. 硬度によって分かれる硬水と軟水の特徴について

ミネラルウォーターには硬水と軟水があります。

硬度別に特徴を理解して今の自分にはどちらのミネラルウォーターが必要なのかを理解しておきましょう。

 

1-1. 軟水の特徴と体に与えるメリット

【味について】

軟水は含まれるミネラルが少なく、飲むと口当たりが軽くまろやかな感じがします。

日本のお水はほとんどがこの軟水ですので、日本人の舌に合った飲み慣れたお水です。

また、中硬水と呼ばれるお水もこの軟水の中に含まれます。

 

軟水は素材の味を引き出しやすいので、煮物などの日本料理に適していると言われています。

特にお米は水分が吸収されやすいので、ふっくらとおいしく炊き上がります。

また、コーヒーや緑茶などの風味を引き出しやすいのも軟水です。

 

【デトックス効果】

水分が不足すると人間の体は脱水症状を起こしてしまいます。

脱水症状になると、血液がドロドロになって代謝が落ちてしまったり、肌の水分を奪って乾燥肌になったりします。

 

軟水は、ミネラルが少ないので体へスムーズに吸収され、血の巡りが良くなり、代謝を促進することで体内の老廃物を排出する効果(デトックス効果)があります。

 

例えば体内に老廃物が溜まると、ニキビや吹き出物が出やすくなります。

手足がむくんだりもするので、スタイルが悪く見えたりも…

 

軟水を飲んでデトックスを行ってみてください。

 

【美肌効果】

また毎日の生活の中で暴飲暴食などをして胃腸の負担が大きくなる時がありますよね。

負担が大きくなると消化不良を起こして脂肪を溜めこみやすくなります。

そして、栄養補給が上手くいかなくなるので、肌や髪のトラブルが多くなります。

 

軟水を日常的に飲んでおくと、ミネラル分が少ないので胃腸への負担を軽くすることができ、内臓へのダメージを減らすことができるわけです。

 

1-2. 硬水の特徴と体に与えるメリット

【味について】

硬水はミネラルを豊富に含んでいるので、重たい飲みあたりが特徴で苦く感じるものもあります。

日本人には飲み慣れてないので、苦手な感じを受ける方もいらっしゃいます。

しかし野菜、魚よりも肉類を多く食べることが多い食生活の方はミネラルが不足しがちですので、硬水はそのミネラル分を補ってくれます。

 

【基礎代謝の促進】

硬水には、軟水よりも多くのミネラルが含まれています。

そのため、基礎代謝を高めることができ、脂肪を燃焼しやすい体にしてくれます。

基礎代謝とは、何も活動しなくても消費するカロリーのことです。

 

基礎代謝が高いということは、放っておいてもカロリーが消費されていきます。

いくら食べても太らないという人がいますが、そういう人は基礎代謝が高いわけです。

なので効率よくダイエットをするのであれば、基礎代謝を高める必要があります。

 

【脂肪の吸収を抑える】

硬水には、カルシウムも豊富に含まれています。

カルシウムには、脂肪と結合して腸からの吸収を防ぐ効果があります。

つまり、硬水を飲むことで、脂肪が吸収されにくくなるということです。

 

焼肉やトンカツなどの脂っこいものを食べた時には、硬水を飲むことで体脂肪を付きにくくすることができます。

ダイエットをしている人は、食事中に硬水を飲むようにすると良いかもしれません。

 

結果、硬水は飲むだけで基礎代謝を高め、脂肪の吸収を抑えられるので、ダイエット中の方や運動後におすすめの水ということになります。

 

【便秘改善効果】

また硬水に含まれているマグネシウムには、胃腸を活発に働かせたり、便を柔らかくする効果があります。

軟水よりも10倍近くのマグネシウムが含まれているので、便秘の改善効果は非常に高いといえます。

 

ただし胃腸が弱い人が飲んだり、毎日多量に飲み過ぎたりすると下痢を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

 

2. 硬度別おすすめミネラルウォーター12選

硬度別のほか、価格や採水地別にミネラルウォーターを厳選しましたのでご参考にしてください。

 

※価格はあくまで参考価格になります。

※成分は1,000ml中の表記となります。

※表の中にある「pH(ペーハー値)」とは、お水の性質(酸性・アルカリ性の程度)をあらわす単位となります。pH7.0が中性が基準となります。

 

2-1. 軟水のおすすめメーカー6選

■い・ろ・は・す

irohasu-hardness

※「い・ろ・は・す」の硬度は採水地によって異なります。

【炭酸:なし】【購入可能場所:スーパー・コンビニ】

 

コンビニなどおなじみの商品。

味にクセがなく、柔らかい口当たりと、ぎゅっと潰すと小さくなるペットボトルが特徴的です。

採水地は国内に複数(北海道、静岡、宮崎など)あるので、ミネラル成分や硬度はそれぞれものによって違うみたいです。

 

日本人に馴染みのある軟水なので、炊飯などにも向いています。

 

ペットボトルが潰しやすくて処理しやすいのでゴミに出す時にかさばらないのも人気の理由の一つです。

 

■南アルプスの天然水

suntory-hardness

※「南アルプスの天然水」の硬度は採水地によって異なります。

【炭酸なし】【購入可能場所:スーパー・コンビニ】

 

なめらかで口当たりよく、さらっとした感じの、とてもフラットな印象で飲みやすいです。

常温でも冷やしてでも美味しいですね。

 

各採水地周辺には「天然水の森」が設けられ、水質と安全を守る活動が行われています。

 

果汁の香りをお楽しみいただけるフレーバーウォーターや、のど越しすっきりのスパークリングウォーター(炭酸水)もラインナップされています。

 

■六甲のおいしい水

rokko-hardness

【炭酸:なし】【購入可能場所:スーパー・コンビニ】

 

六甲のおいしい水は、日本人に適した軟水です.

毎日の水分補給やお食事のお供など、何にでも合う飲みやすい味わいでリピーターの多い商品となっています。

また他の天然水と比べると、甘みがあります。

この甘みこそ、六甲の天然水の魅力であり美味しさです。

 

飲料水としてだけでなく、赤ちゃんのミルクやお料理にもお使いいただくことができるのも六甲のおいしい水の魅力だと思います。

 

■クラシオ

classio-hardness

【炭酸:なし】【購入可能場所:Web】

 

美容成分シリカを含んだお水で、飲みやすさとコスパの良さで定評のある商品です。

pH値が限りなく血液に近いということだけあって抵抗感なく、飲んだ瞬間身体にす〜っと染み渡るような喉越しがとても心地です。

 

またお茶やコーヒー、料理などにも安心して使えるミネラルウォーターです。

 

■クリスタルガイザー

crysrtalgeyser-babymineral

【炭酸:なし】【購入可能場所:スーパー・コンビニ・Web】

 

甘みや苦味がなく透き通るような癖のない味がします。

栄養素は天然ミネラル成分のバナジウムが多く含まれています。

 

ペットボトルは14グラムと軽量仕様。

水源地の周辺は人も車も存在せず、外部からの影響が少ないので一定の水質を保てています。

 

飲みやすいという評判が多い中で、普段飲んでいる水とあまり変わらないという意見もありました。

また、ペットボトルが潰しやすいので、アウトドアの際に重宝しているという方も。

色々な場所で使いやすい商品かもしれませんね。

 

炭酸入りやフレイバー入りも発売されています。

 

■ボルヴィック

volvic-hardness

【炭酸:なし】【購入可能場所:スーパー・コンビニ・Web】

 

フランス生まれだけど、スッキリまろやかな口あたりで、日本人の私達にもぴったりな軟水のミネラルウォーターです。

ミネラルもバランス良く含まれています。

 

クセが無いので普段飲み、コーヒーや紅茶、そしてお料理にと使用用途は多岐にわたります。

ぬるくなっても美味しいって思える意見が多いみたいです。

 

2-2. 硬水のおすすめメーカー6選

■エビアン

enian-hardness

【炭酸:なし】【購入可能場所:スーパー・コンビニ・Web】

 

軟水と比べると後味こそしっかりとしていますが、硬水の中では比較的硬度が低いため、クセがなくすっきりとしている印象です。

初心者の方にもオススメ。

 

よく飲まれる方は、お料理に使ったり、妊娠してから赤ちゃんのカルシウム補給のためにエビアンを飲んでいるという方もいるようす。

 

1992年より毎年行われているエビアン×超メジャーデザイナーのコラボ作品、エビアンデザイナーズボトルも楽しみの一つですね。

 

■ペリエ

perrier-hardness

【炭酸:強め】【購入可能場所:Web】

 

世界中から愛されている天然の炭酸水です。

「炭酸水を飲んでいるな」という実感が得られるほど炭酸は強めですが、飲みやすく飲食店でもよく見かけます。

 

公式サイトではペリエを美味しく飲む方法として12℃に冷やしレモンスライスを添えるといいと紹介しています。

試してみてはいかがですか。

 

■サンペレグリノ

sanpellegrino-hardness

【炭酸:弱め】【購入可能場所:Web】

 

炭酸は弱めですがきめ細かな泡が特徴です。

食欲を心地よく刺激しながら味覚をリセットしてくれるので食事のときに飲まれてみてはいかがですか。

 

硬度は高く、ミネラル分を多く含んでいますので、硬水の効果を期待するには持ってこいでしょう。

 

どちらかと言えばペリエよりも上品な味わいですが、炭酸で満腹感を得たいのであれば、ペリエの方が適しているかもしれません。

ペットボトルよりも瓶に入っている商品の方が、炭酸の品質が安定しているという意見もあるので、炭酸の効果を期待している方にはペリエをおすすめします。

 

■ゲロルシュタイナー

gerolsteiner-hardness

【炭酸:強め】【購入可能場所:Web】

 

ダイエットをする方の間で有名なドイツ生まれのゲロルシュタイナー。

モデルの平子理沙さんやグラビアアイドルの山本梓さんも愛飲しているそうです。

 

強めの炭酸水なので、硬水特有の飲みにくさはほとんど感じません。

お風呂上がりや食事の時などにぴったりで、便秘解消の効果があったという方がたくさんいらっしゃるようです。

 

■コントレックス

contrex-hardness

【炭酸:なし】【購入可能場所:スーパー・コンビニ・Web】

 

わずか500mlに牛乳瓶約1本分のカルシウムとアーモンド約9粒分のマグネシウムが含まれいるのが特徴です。

カロリーもゼロなので、最近はダイエットのお供や便秘解消などの理由から飲まれてる方も多く、人気商品の1つとなっています。

硬度が高いお水の中では珍しく、コンビニなどでも購入できるのは便利ですよ。

 

炭酸入りも発売されていますので味が苦手な方は、炭酸からチャレンジしてみてはいかがですか。

 

■クールマイヨール

courmayeur-hardness

【炭酸:なし】【購入可能場所:Web】

 

美容と健康に敏感なフランスのビューティーフリークたちに親しまれているダイエット・ミネラルウォーターです。

 

個人差はありますがコントレックスより硬度が高いのに、なぜか飲みやすい点が人気の秘訣みたいです。

 

リピーターも多く、お通じが良くなったり、お肌の調子が良くなったりという声が多く聞かれます。

ダイエット中の人や出産後のカルシウム補給にも役に立ちそうです♪

 

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。

ミネラルウォーターは硬度によって様々な効果と特徴がありましたね。

 

軟水はミネラルが少ないので飲みやすく、まろやかな口あたり。

また胃腸への負担が少ないので、毎日きちんと飲む事で内蔵へのダメージが減り、基礎代謝があがることでお肌や髪のトラブルを改善します。

 

硬水は軟水よりもミネラルが豊富で重たい口あたり。

豊富なミネラルは基礎代謝を高めてくれるのでカロリーが消費されていきます。

硬水に含まれるカルシウムの脂肪を吸収されにくくする効果でダイエットをする方にオススメです。

またマグネシウムの効果で便秘の解消にも。

 

いくつかおすすめのミネラルウォーターをご紹介しましたが、日本で販売されているミネラルウォーターはほとんどが軟水です。

まずは軟水から飲み始めて少しずつ硬度をあげたお水を飲んでいくといいでしょう。

 

最近では上記でご紹介したペットボトルだけでなく、軟水をウォーターサーバーで飲まれる方が増えています。

富士山麓のお水など日本各地の美味しい軟水がペットボトルよりも安く、なおかついつでも自宅で飲めるのが人気のようです。

 

ミネラルウォーターは目的に合わせて硬度をきちんと選び、毎日きちんと飲むことで体に良い効果をもたらしてくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレミアムウォーターなら
「安全でおいしい水」が毎日飲めます

生活する上で欠かすことが出来ない「水」
それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

近年では、ミネラルウォーターの消費量の増大や家庭用浄水器の普及が進むなど、飲用に「安全でおいしい水」を求める社会的関心が高まっています。

プレミアムウォーターなら
・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます
・「世界が認めた品質と美味しさ」4年連続モンドセレクション を受賞
・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより1,080円 もお得に飲むことが出来ます
・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます

この機会にぜひ、あなたの家族・子供のために今から出来る「水の安全性」を考えてみませんか?


もっと詳しくみる 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*