赤ちゃんでも飲めるミネラルウォーターとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませても大丈夫…?

 

赤ちゃんに飲ませてもいいミネラルウォーターには種類があります。

その種類と飲ませ方をきちんと理解して、赤ちゃんには本当にいいお水を飲ませたいですよね。

 

最近では、原発問題、水道管の劣化や汚染からくる不安など、水道水に対する不信感がどんどん膨れ上がっています。

そういった流れから水道水を赤ちゃんに与えることに抵抗を感じて、市販のミネラルウォーターを使う家庭が増えています。

 

ただし、市販のミネラルウォーターが、赤ちゃんにとって必ずしも良いとは限りません。

間違った与え方をして、赤ちゃんがお腹の調子を壊してしまうコトもあるようです。

 

今回は、赤ちゃんに飲ませてもいいミネラルウォーターについての知識と、おすすめのミネラルウォーターを分かりやすくお伝えしていきます。

 

1. 赤ちゃんに飲ませてもいいミネラルウォーターには種類がある

ミネラルウォーターには、種類があります。

種類を理解し、赤ちゃんに飲ませてもいいものなのか、ダメなものなのかを理解しておきましょう。

 

1-1. ミネラルウォーターは軟水と硬水に分かれます

すべての水には、硬度があります。

単純にかたい水かやわらかい水かの違いですが、カルシウムとマグネシウムが多く含まれていると硬い水「硬水」になります。

またその逆で、少なく含まれているものがやわらかい水「軟水」となります。

 

WHO(世界保健機関)の基準では120ml/L以下が軟水、120mg/L以上が硬水とされています。

軟水と硬水の区別をWHOの基準を表で以下にまとめておきます。

 

WHO(世界保健機関)の基準

硬度の計算式=カルシウム(mg/L)×2.5+マグネシウム(mg/L)×4.1

【参考】 硬度とはどのような概念なのですか。|日本ミネラルウォーター協会

Hardness in Drinking-water|WHO

 

1-2. 赤ちゃんに硬水のミネラルウォーターを飲ませないほうがよい

赤ちゃんに硬水のミネラルウォーターを飲ませないほうがいいと言われるのは、内臓がまだ未発達なためです。

 

赤ちゃんはミネラルウォーターに含まれるミネラルを分解・解毒する機能が発達しておらず、軟水よりもミネラルが多く含まれている硬水を飲むと、腎臓などに負担がかかり、下痢や腹痛を起こしたり、体調不良になったりする可能性があるのです。

 

また硬水を粉ミルクに使うのもNGです。

なぜなら粉ミルクには赤ちゃんにとって必要な量のミネラル分が計算されて配合されています。

 

そこにミネラルを豊富に含む硬水で粉ミルクを作ってしまうと、ミネラルの過剰摂取につながり、こちらも赤ちゃんの体に負担をかけてしまいます。

 

赤ちゃんの内臓などが発達するのは2~3歳くらいです。

その間は粉ミルクに使うのはもちろん、直接飲ませるのも控えましょう。

 

【参考】 粉ミルク調乳時の水とミネラルウォーターの使用

 

1-3. 赤ちゃんに軟水のミネラルウォーターを飲ませても大丈夫な理由

硬水とは逆に、軟水はミルク作りに使えるミネラルウォーターです。

水に含まれるミネラルの量が少なく、粉ミルクに使用しても赤ちゃんの体に負担がかからないためです。

 

ちなみに東京都の水道水の硬度は約60mg/Lなので粉ミルクの調乳に使用できる軟水ということになりますね。

 

2. いつから、どうやって飲ませればいいのか

2-1. 粉ミルクには軟水のミネラルウォーターなら使える!

ミネラルの少ない軟水のミネラルウォーターであれば、赤ちゃんの体に影響を与えないので、粉ミルクの調乳として使用できます。

 

離乳食を始める生後4~5ヶ月頃までの赤ちゃんには、母乳やミルク以外の飲み物はまだ必要ありません。

 

水分補給だけでなく栄養補給を兼ねている母乳やミルクがあれば、赤ちゃんは他の水分を摂取しなくても良いので、ミネラルウォーターだけを飲ませる必要はありません。

 

【参考】 母乳育児をお勧めする10の理由|名古屋の助産院 前田助産院

 

あくまで軟水のミネラルウォーターを粉ミルクとして飲ませるのが正解となります。

 

2-2. ミネラルウォーターだけっていつから飲ませていいの?

離乳食を開始しているの場合、ミネラルウォーターだけでも飲ませて大丈夫です。

しかし、母乳やミルクを飲んでいた赤ちゃんにとって、ミネラルウォーターは味がしないのでなかなか飲んでくれません。

少し味をつけて徐々に慣らしてあげましょう。

 

また子供の内臓が発達するのは、2~3歳の第1次成長期になります。

内臓機能が成人と同じように働くようになる5歳くらいには、硬水を飲ませて大丈夫になります。

 

下記に分かりやすく表にまとめましたので、参考にしてください。

 

3. 粉ミルクに使えるおすすめミネラルウォーター

赤ちゃんの粉ミルクに使えるおすすめのミネラルウォーターを価格やお水の成分別で選びましたので、ご参考にしてください。

 

3-1. ペットボトルで選ぶならコレ

スーパーやコンビニで気軽に手に入る3つのミネラルウォーターをご紹介します。

価格はあくまで参考価格になります。

Web上でより安く購入できるサイトもあるようです。

pH(ペーハー)とは

 

お水の性質(酸性・アルカリ性の程度)をあらわす単位。

基準として中性はpH7.0である。

【参考】 Wikipedia

表の中に記載していますので、参考にしてください。

 

 

い・ろ・は・す

irohasu-babymineral

【参考】 い・ろ・は・す(ILOHAS)

 

「い・ろ・は・す」の硬度は採水地によって異なりますが、28.8~44であり、すべて軟水となります。

 

南アルプスの天然水

suntory-babymineral

【参考】 サントリー南アルプスの天然水|サントリー

 

クリスタルガイザー

crysrtalgeyser-babymineral

【参考】 CRYSTAL GEYSER|大塚食品

 

3-2. ウォーターサーバーで選ぶならコレ

最近は毎回重たいペットボトルを運ばなくてもよい、いつでも温水・冷水が出るなどの理由で、ウォーターサーバーを導入されているご家庭が多いようです。

そんなママのためにウォーターサーバーのメーカーの中でおすすめのミネラルウォーターを選んでみました。

 

フレシャス

frecious-babymineral

【参考】 FRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)【公式】

 

アクアクララ

aquaclara-babymineral

【参考】 ウォーターサーバーなら水宅配シェアNO.1のアクアクララ

 

こちらのメーカー様はママ向け用のお得なプランを用意されています。

 

プレミアムウォーター

pwseibun-1

 

プレミアムウォーターもママ向けのプランを出しています。

 

4. まとめ

赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませる際は、「軟水」と覚えておくといいでしょう。

ミネラルの多い硬水に比べて、軟水はミネラルが少なく粉ミルクに使っても大丈夫なお水です。

 

いくつかおすすめのミネラルウォーターをご紹介しましたが、日本で販売されているミネラルウォーターは、ほとんどが軟水です。

そこまで神経質になる必要はありません。

 

ミルクや離乳食に使えるだけでなく、ある程度の年齢になれば直接飲めるミネラルウォーターは種類と飲み方によって、飲む人にいい影響をもたらしてくれますので上手に活用してください。

 

赤ちゃんの水分補給について、詳しくは「赤ちゃんにとって大切な水分補給!赤ちゃんからのサインを見逃すな!」をご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プレミアムウォーターなら
「安全でおいしい水」が毎日飲めます

生活する上で欠かすことが出来ない「水」
それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

近年では、ミネラルウォーターの消費量の増大や家庭用浄水器の普及が進むなど、飲用に「安全でおいしい水」を求める社会的関心が高まっています。

プレミアムウォーターなら
・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます
・「世界が認めた品質と美味しさ」4年連続モンドセレクション を受賞
・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより1,080円 もお得に飲むことが出来ます
・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます

この機会にぜひ、あなたの家族・子供のために今から出来る「水の安全性」を考えてみませんか?


もっと詳しくみる 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

飲むならおいしいお水がいい!
【期間限定】お得なキャンペーン実施中